Tokyo indie fest 2017イベントレポート

日本のみならず世界各地のインディーゲーム開発者たちが一堂に会するイベント「Tokyo Indie Fest」。2017年は5月14日に開催され、UDXアキバ・スクエア内に80以上の試遊ブースが設けられました。また、特設ステージでは出展者のインタビューなども行われており、熱気あふれるインディーゲームシーンを肌で感じられた1日でした。
Made with Unity取材班が試遊させていただいたものの中から、気になったものを4つピックアップして紹介します。

OPUS / project HEAVEN

ロボットのエムがその生みの親である博士とともに人類の故郷である地球を探す、遠い未来を舞台にしたゲームです。台湾のディベロッパーSIGONOによって開発され、モバイル版は全世界で300万ダウンロードを記録するヒットとなりました。project HEAVENはそのOPUSの前日譚で、魂を空に還すアドベンチャーゲーム。どこか物悲しい雰囲気は会場内随一でした。

COBIT

VRを使ったローカル対戦ゲーム。10人ほどの小人を相手陣地に派遣し、一定時間内にキャンディを取ってきてもらい、その数を競います。相手の小人を掴んで妨害したり、送り込むルートを考えて意識を分散させたりなど、戦略的な要素もあってなかなか熱くなれますよ!

常世ノ塔

自動生成される塔の中を、敵を避けつつひたすら登っていくアクションゲームです。敵を倒す攻撃魔法は連発できないため、温存しつつここぞというところで使うのがポイント。ポップで可愛らしいドット絵の雰囲気とは裏腹に、かなり歯ごたえのある難度が楽しめそうです。


「4つのボタンを使うだけ。豚の手足が動くだけ。」とのキャッチコピー通り豚を走らせてステージをクリアしていくシンプルなゲームですが、美しいCGが魅力的。トントン相撲のように画面をドコドコ叩いて前進していく地道さは不思議な笑いを誘います。

他にもたくさんのゲームと出会うことができました。開発者の方々とコミュニケーションを取りながらゲームを楽しめる、素晴らしいイベントでした!

Tokyo Indie Fest 公式サイト

今田 智子 - 2017年5月15日