プロフィール

Sea (潮騒セイレーン)

インディーゲーム開発者。1992年生まれ。
ゲームデザイン、プログラミング、作曲を担当。
個人制作のNintendo Switch用ソフト「海のカケラ」をリリース。
現在ゲーム「一番丸いヤツ(仮)」を開発中。

プロフィール

Ryuji Kuwaki

ゲームデザイン、プログラム、グラフィックを1人でこなすフリーランスのゲーム開発者。家庭用ゲームの開発に長く携わった後、独立しスマホゲームの開発を始める。元々はプランナー、ゲームデザインで新しいものを生み出したいと考えており、今は小規模のゲームを実験的に作ることに魅力を感じている。

プロフィール

藤井 貴裕

大阪のデザイン会社を経て「SIREN」シリーズにUIアーティストとして参加。その後リードUIアーティストとして、「メタルギア ライジング リベンジェンス」「VANQUISH(ヴァンキッシュ)」でUIデザインやインハウスツールの仕様策定、カットシーンUIの映像制作を担当。現在はキュー・ゲームスでリードアーティストを務めている。

プロフィール

前田 和志

20年以上のキャリアを持つゲームデザイナー。キュー・ゲームスでは『スターフォックス64 3D』など11本の任天堂タイトルのディレクションを務めた。コンセプト立案からゲームデザイン、クライアント折衝と、様々な業務に携わっている。

プロフィール

Sam Crisp

メルボルンのロイヤルメルボルン工科大学を卒業後Mountainsにジョイン。オーストラリアの「Freeplay Independent Games Festival in 2015.」にてベスト・ビジュアル・アート賞を受賞したスタジオ「Movement Study 1」所属のプログラマー。

プロフィール

神山 大輝

NINE GATES STUDIO コンポーザー/サウンドデザイナー/技術系ライター。商用作品への楽曲提供と並行して、”Yack Lab.”名義でゲーム制作も行っており、代表作『Gen.』は東京ゲームショウSOWNやWIRED CREATIVE HACK AWARDなどにノミネートされるなどの評価を得て来た。好きな時に好きなゲームで遊ぶため、現在はフリーとして活動中。

プロフィール

Thierry Boulanger

ファミコン世代のフランス系カナダ人、ゲームデザイナー、ディレクター、シナリオライター。 ゲームプレイプログラマー歴10年以上。「子供の頃の自分が作った物語」をゲームにするべく2016年4月にSabotageを共同設立。ゲーム以外では旅行、ドラム、料理、パンクを好む。

プロフィール

Cukia “Sugar” Kimani

南アフリカ・ヨハネスブルグを拠点とするゲーム開発スタジオNyamakop共同設立者。同社のデビュー作『Semblance』(2018年リリース予定)はリリースされれば任天堂プラットフォーム初のアフリカ産IP(知的財産)となる。過去作Boxerでは2015年の第1回A MAZE. / Johannesburg Awardも受賞。

プロフィール

Justin Rempel

カナダ・バンクーバーを拠点とするゲーム開発者。ゲーム開発歴は趣味で約20年、プロとしては5年。好きなゲームはハイスピードなアクションゲームとアーケードゲーム。

プロフィール

三宅 優

元バンダイナムコサウンドチーム。プライベートワークとクライアントワークの両立を図るため、一念発起してフリーランスに。現在は、引き続きバンナム作品に携わるほか、スクエニ、セガ、アトラス社などにも楽曲を提供している。「Peko Peko Sushi」ではサウンド全般を制作。