プロフィール

栗原直哉

家庭用ゲーム、モバイルゲームの開発を経て、グランディングに参加し「スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー」のテクニカル方面を担当。Unity歴はあらかた9年。

プロフィール

吉永 匠

「スペースチャンネル5」シリーズのキーマンと呼べる存在。シナリオ執筆およびゲームデザイン・ディレクターとして携わってきた。「スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー」ではストーリー&ゲームデザイン・アドバイザーとして、セガゲームスから参加

プロフィール

堀田 昇

グランディングで「スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー」のディレクターを担当。かつては吉永氏や岡村氏と同じく、セガソフト9研→ユナイテッド・ゲーム・アーティスツに所属。「Rez」のグラフィックデザイナーを務めた

プロフィール

岡村峰子

グランディング代表取締役にして、「スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー」プロデューサー。エイベックスからセガに転職したという経歴を持ち、同シリーズのアシスタントプロデューサーとして開発からプロモーションまで広く関わった

プロフィール

塚脇忠典

株式会社グッド・フィール 制作部アート室室長。同社設立から所属し、さまざまなゲームのアートディレクターやコンセプトアートなどに携わってきた「絵をなんとかする係」。『モンキーバレルズ』ではディレクター、企画、キャラクターデザインやコンセプトアートも担当。

プロフィール

中村 建太

「Artifact Adventure」シリーズ グラフィック、プログラミング担当

プロフィール

中村 勇太

「Artifact Adventure」シリーズ プロデューサー

プロフィール

中村 俊太

「Artifact Adventure」シリーズ ゲームデザイン、レベルデザイン、シナリオ担当

プロフィール

渡邉 大誠

明治大学総合数理学部先端メディアサイエンス学科1年(2019)。2018年に「日本ゲーム大賞U18部門」金賞、「Unityインターハイ2018」優勝。コンシューマ向け販売は、『モチ上ガール』が初となる。

プロフィール

南治一徳

1970(昭和45)年生まれ:株式会社ビサイド代表取締役社長。東京の電気通信大学を卒業後、プログラマーとしてゲーム会社に就職。その後、大学の仲間たちを中心にチームで株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント (現 ソニー・インタラクティブエンタテインメント)のオーディション「ゲームやろうぜ!」に応募し合格。かわいい猫のキャラクター「トロ」とお話しするプレイステーション用ソフト『どこでもいっしょ』を制作し、それ以降「どこいつシリーズ」を手がける。トロは子どもから大人まで人気があり、ゲームだけでなく、ぬいぐるみやステーショナリーとなって根強いファンの支持を受けている。