2019.02.27
普通の大学生だけど、ゲーム機でゲーム出してみた!
クルステ
PHRASEFIGHT
超OK
  • Windows
  • Mac
  • Nintendo Switch

「はむころりん」ができるまで。

EIKI (illuCalab.)

製作人数(ほぼ)一人。キャラクター79匹、100ステージ。「はむころりん」ができるまで。初めまして、ゲーム制…

インディーだからこそツールは大事! マドリカ不動産でのツール活用事例

濱田 隆史、村瀬 都思

インディーだからこそツールは大事! マドリカ不動産でのツール活用事例小規模開発は人的リソースが極端に少なく、人海…

海のカケラ 「誰でも遊べる難易度を目指して」

Sea (潮騒セイレーン)

「海のカケラ」は個人で制作したサークルアクションゲームです。このゲームを作るにあたって、また私がゲームを作る上で必ず…

学生のチーム制作だからこそ出来たもの

yashihei

本作「ツケカエゴーレム」は、学生のチーム制作から生まれた作品です。プログラマーが2名、プランナーが4名というチーム構…

絵本について

重光 あさみ (Polaris-X)

なぜ絵本を作ることになったのかサリーの法則はゲームをプレイしながら、少女サリーと父親の物語を読み進めていく横スクロー…

Welcome to the another “TGS”

一條 貴彰 (Throw the warped code out)

やあ、僕の名前はIchijo。『Back in 1995』というヘンなゲームを自作して、配信しているインディーゲームクリ…

グラフィッカーチームから始めるゲーム作り

ねこかつ (AECRNIA)

グラフィッカーチームがプログラミングをする経緯本作の主要な開発メンバーは、3Dエフェクト(ねこかつ)…

ツールとゲームの境界線

ワンダーランドカザキリ

ツールとゲームの境界線Wonderland Kazakiri inc.は東京秋葉原を拠点にした”Web制作”を主…

タップゲームを少人数・短期間で開発するために行ったこと

三橋 彰、椎野 央子

『StarONE:Origins』はプログラマー1人・デザイナー1人の2名で約半年の期間で制作したゲームです。今回は…