プロフィール

宮下 英尚

ゲームプランナー/シナリオライター/投資家。物語を重視したRPGやアドベンチャーゲームがヒットし、株式会社Child-Dreamを設立。PS3『FolksSoul~失われた伝承』では全シナリオ担当。他、人気棋士が出演する将棋ミステリー『千里の棋譜』など独自制作多数。長年の制作と運用の結果、ゲーム公開の非営利化を実現。ゲームと物語の可能性を追求し、人の心に深く残るものを作り続けることがライフワーク。

ARTICLES 関連記事

ゲームの仕事 20年の軌跡と反省

宮下 英尚 (Child-Dream)

子供の頃、マイコンが出現しBASICに熱中。ファミコンでは「オホーツクに消ゆ」「ドラクエ」。漠然とソフトウェアを作る仕事…

それでもゲームを作り続ける理由

宮下 英尚 (Child-Dream)

『人形の傷跡』は1999年のリリース以来、シナリオの練られた名作アドベンチャーゲームとして多くの支持を得たゲームだ。行方…