執筆に際して

開発者みなさまにストーリーを執筆していただくにあたり、いくつかのポイントをご紹介します。

文章の分量に明確な規定は設けておりませんが、内容と読者の注目を得る上のバランスをみると、だいたい1500〜6000文字程度が適切です。内容は自分や自分のゲームに関してであり、Unityについてではありません。記事に不可欠な場合はUnityに触れていただいても問題はありませんが、なるべく避けるようにしてください(ご自身の制作物に集中してください)。我々はMWUプロジェクトを通じてUnity自体の宣伝活動を行うつもりは明確にありません。MWUはゲーマーや他の開発者とつながりを持ち、自分のゲームに興味をもってもらうための契機です。開発秘話やプロジェクトを通じての体験を載せてください。ゲームの機能説明でページの大部分を埋めたり、特徴を箇条書きすることは避けてください。

制作記事が見た目に訴えることができるよう、スクリーンショット、youtubeでのビデオ、アニメーションgif画像などの視覚的なものを加えてください。

テーマを決めかねる場合はゲームやそのコンセプトから書き始めてみてはいかがでしょう。
例えば、

  • 自分や仲間、自分の仕事場を紹介する文章を 2-3 行
  • ゲーム内容の紹介
  • このゲームを作ることを思いついたきっかけ
  • ゲームにおいて最も興味深い点 (アート、ゲームデザイン、制作手順、技術的特徴など)
  • 上記のもととなった発想
  • ゲームとストーリーについての記述、考察
  • 締めくくりに今後のお知らせ / 宣伝など

参考までに幾つかのトピック、及びグローバルMWUでの例をご紹介します。

デザインコンセプト

ゲームの核となる特徴を生んだ発想は? その発想からどのようにゲームに発展していきましたか?

アートワーク

どのようにその素晴らしいアートスタイルにたどり着きましたか? 発想のきっかけは? そのアートは、ゲームをより良くするためにどのように役立っていますか。

ナラティブデザイン

ナラティブは非常に重要な概念です。どのようにゲームキャラクターに起きる出来事をプレイヤーの体験とシンクロさせましたか? ダイアログ、プロット、キャラクター、ロケーション、環境によって、創作したいナラティブはどのように形成されていますか?

ゲームデザイン・メカニクス

ゲームの大きな特徴はなんですか? ゲームの枠を超えた素晴らしい何かがありますか? それらについて紹介してください。

プロジェクトの過程・変成

ゲームが開発プロセスの流れでどのように進化していきましたか? どのような課題に遭遇しましたか? どのようにその課題に取り組みましたか? その結果はどうなりましたか?

キャラクター

キャラクターの発想はどこから来ましたか? どのようにそれを創造しましたか? 元のデザインは徐々にどのように展開 (変化 していきましたか?

サウンド

ユニークで効果的な音響体験を作り出すための課題は何ですか? そのような考えに至った理由は何ですか?

ヒントとコツ

ゲームを作成するのにどのようなツール、アセット、技術を使用しましたか? それらの使用で、ゲームの外観や雰囲気はどのように改善されましたか? それらの使用で、どのように開発プロセスはより効率化されましたか? ゲームの作成を通して学んだヒントや効率よい方法がありますか?

マーケティング / ビジネス

成功裏にゲームをマーケティングする過程はどんなものですか? ゲームのクラウドファンディングを創設し、始めるにあたり何を学びましたか? 最近のゲームエキスポに参加した体験や、自分のゲームの認知度を高める方法についての秘話はありますか?

以上になりますが、これらは単に一種の提案にすぎません。

これらのトピックのうちの1 つだけを選んだり、組み合わせたり、またはまったく別のトピックを生み出してみてください。開発者としてのあなたを物語るようなゲームの制作秘話について、そして、どのように紹介したら MWUの閲覧者にそのエピソードに興味を持ってもらえるか、じっくり考えてください。