プロフィール

一條 貴彰

個人ゲーム作家。代表作は『Back in 1995』(Steam)。Newニンテンドー3DS™版『Back in 1995 64』開発中。インディーゲーム開発の他、小規模ゲーム開発者が活動を継続しやすい世の中作りのために複数社からGame DevRelの仕事を請け負う。現在はPlay,Doujin! ディレクターも務める。

ARTICLES 関連記事

「BLACK BIRD」の特徴的な世界観と音楽

木村 祥朗、大久保 卓磨

ゲームクリエイター木村祥朗が率いるゲームスタジオOnion Gamesは、設立後「Million Onion Hotel…

Busan Indie Connectで見つけた素敵なMade with Unity

一條 貴彰

かつてはPCMMO大国とも言われた韓国のゲーム産業ですが、実は近年インディーゲーム開発者のコミュニティーが急速に拡大して…

夏だ! 海だ! 浮世絵でサーフィンだ!?

Ryuji Kuwaki

『うきよウェーブ』は、浮世絵タッチの海でサーフィンをするカジュアルモバイルゲームだ。葛飾北斎テイストな和風の波が荒れ狂う…

岐阜に日本各地のインディーゲームが集う!「ぜんため インディー通り」レポート

一條 貴彰

2018年8月4日から5日にかけて、岐阜にて「全国エンタメまつり」、略称「ぜんため」が開催されました。本イベント…

パブリッシャーインタビュー「UNTIES」

伊東 章成、伊藤 雅哉、一條 貴彰

インディーゲーム躍進の傍らにゲームパブリッシャーあり。連載「そうだ、パブリッシャーさんに訊いてみよう」第4回は、昨年発足…

要チェックイベント目白押し! インディーゲームクリエイター向けイベントまとめ Mid 2018

一條 貴彰

こんにちは、ゲーム作家のIchijoです。近年日本では様々なインディーゲーム開発者のためのイベントやコンテストが行われて…

Welcome to the another “TGS”

一條 貴彰 (Throw the warped code out)

やあ、僕の名前はIchijo。『Back in 1995』というヘンなゲームを自作して、配信しているインディーゲームクリ…

パブリッシャーインタビュー「コーラス・ワールドワイド」

二宮 文月、大柳 竜児、一條 貴彰

そうだ、コーラス・ワールドワイドさんに訊いてみようインディーゲーム躍進の傍らにゲームパブリッシャーあり。…

パブリッシャーインタビュー「PLAYISM」

水谷 俊次、一條 貴彰

インディーゲーム躍進の傍らにゲームパブリッシャーあり。連載「そうだ、パブリッシャーさんに訊いてみよう」第2回は、国産イン…

パブリッシャーインタビュー「フライハイワークス」(後編)

黄 政凱、一條 貴彰

インディーゲーム躍進の傍らにゲームパブリッシャーあり。Made With Unityの新たなコンテンツとして、近年のイン…

パブリッシャーインタビュー「フライハイワークス」(前編)

黄 政凱、一條 貴彰

インディーゲーム躍進の傍らにゲームパブリッシャーあり。Made With Unityの新たなコンテンツとして、近年のイン…

好きなゲームを作り続けるために、僕らは何をすべきか (後編)

大貫 真史、一條 貴彰

『ACE OF SEAFOOD』のスマッシュヒットにより、ゲーム会社を退職して個人開発に専念するようになった大貫さん。…

好きなゲームを作り続けるために、僕らは何をすべきか (前編)

大貫 真史、一條 貴彰

『ACE OF SEAFOOD』のスマッシュヒットにより、ゲーム会社を退職して個人開発に専念するようになった大貫さん。…

ゲーム文化の(埋もれた)新しい価値を見出す旅

一條 貴彰 (Throw the warped code out)

さあ今日も、仕事が終わった後の楽しいゲーム開発の仕事だ。エディターを開き、コードを書きながらうんともすんとも言わない…