プロフィール

池和田 有輔

フリーランスとしてWEB制作・広告制作のキャリアを経て、2013年からRépublique開発チーム(Camouflaj, LLC.)に参加。ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社に入社後はエバンジェリストとしてUnityの伝道活動に携わりつつ、Made with Unity日本版の編集長をやってます。

ARTICLES 関連記事

それでもゲームを作り続ける理由

宮下 英尚 (Child-Dream)

『人形の傷跡』は1999年のリリース以来、シナリオの練られた名作アドベンチャーゲームとして多くの支持を得たゲームだ。行方…

100のアイディアの果てに生まれたVRボードゲーム

濱田 隆史、小笠原 雄太

世界初のVRボードゲームである『アニュビスの仮面』、スーパーミステリー・マガジン「ムー」が世界観のリサーチを担当した『モ…

可能性を探り作り上げた “100を超えるシリーズの” 最新作

坂野 拓也 (Tozai Games)

『Lode Runner Legacy』は30年以上の歴史を持つロードランナーシリーズの最新作だ。伝統を守りつつ、新しい…

破壊と再構成を重ねて実現したパズルとアクションの両立

尾上 将之、伊藤 博人、小川 一美

ギガレッカーは瓦礫や鉄屑を武器に再構築する能力を得た少女が、謎のロボット軍団の支配する世界を探索するパズルアクションだ。…

Unityで作られたAsset ForgeでUnityで使うためのAssetを作ろう(メタ発言)

Unityで作られたAsset ForgeでUnityで使うためのAssetを作ろう(メ…

世界中から集い、京都で作るということ

テレース ピエーロー、ジェッタ チャン

BitSummit 2017でひときわ注目を集めていたのが本作、京都の名門スタジオViteiによるVRコンテンツ『Pap…

海底に隠された秘密を探る、女の子と魂の旅路

小都 亮治 (Ozumikan Games)

リリースされたばかりの新作、『インダーク』は混濁した記憶を取り戻しつつ、海の底へ底へと進むスマートフォンに最適化されたア…

好きなゲームを作り続けるために、僕らは何をすべきか (後編)

大貫 真史、一條 貴彰

『ACE OF SEAFOOD』のスマッシュヒットにより、ゲーム会社を退職して個人開発に専念するようになった大貫さん。…

2人×4ヶ月で作り上げた、懐かしさと新しさ

ユウラボ、Kan.Kikuchi

『神巫女』は天魔を討たんとする3人の巫女たちがいにしえの日本を奔走する2Dアクションだ。ワンコインで買える小品ではあるも…

好きなゲームを作り続けるために、僕らは何をすべきか (前編)

大貫 真史、一條 貴彰

『ACE OF SEAFOOD』のスマッシュヒットにより、ゲーム会社を退職して個人開発に専念するようになった大貫さん。…

VRで叶えた、飛竜を駈る夢の実現

渡部 晴人 (サークルハイドレンジャー)

『ガンナーオブドラグーン』はVR空間上に美しく描かれた夕闇を背景に、飛竜にまたがって敵を打ち倒すシューティングゲームだ。…

せかいのどこかで綴りつづけるひと

ところにょり

日本版Made with Unityが始まって以来、様々な方に話を伺ってきたけれど、こんなに編集に難儀したインタビューは…

BitSummitで体験しておきたい4作品

Momodora V今回のBitSummitで初のプレイアブル出展となった『Momodora V』は美し…

好きなものを作ることで、ゲーム作りを “最高の” 体験に変える

sotaro otsuka

“僕の「ご本尊」はコンテンツです。技術じゃない。ゲームに限らず面白い良いものを作りたい。そのために仕方なく必要な技術を身…

ゲームエンジンの拓く未来と変わりゆく映像制作のワークフロー

加治佐 興平、高橋 聡、井上 貴博

『Ultimate Bowl』の原型は80年代学園スポ根ラブコメにあった? ゲームエンジンの拓く未来と変わりゆく映像制作…

多様なものを生み出す単純さの追求

中村 勇吾 (tha ltd.)

『GUNTAI』はその名が示す通り、鳥の群体を率いて距離を競うゲームだ。群れは犠牲を払いつつ、再生しつつ、人気のない荒…

Q-Games ならではの、こだわりと遊び

ホセ・ルイス オルティス・ソト、ミゲル サンチェス、倉橋 豊、大野 大樹

Q-Gamesは2001年の設立以来、常にスタイリッシュで先鋭的な作品を世に送り続けている京都の開発スタジオだ。去年リリ…

ゲーム、クラフト、インスタレーション

岡田 隆志、蚊野 佳美

岡山に拠点を置く『ココノヱ』は、ゲーム性のあるインスタレーションを得意とするクリエイティブ・ラボだ。彼らの代表作の1つで…

困難を分かち合い、乗り越える

大橋 伸乃介、大橋 愛子

スマートフォンで手応えのあるゲームを探しているのなら『Missileman』を試さない手はないだろう。迫り来る壁を華麗に…

恐怖を紐解く

河野 一二三 (NUDE MAKER)

ホラーゲームの代名詞『クロックタワー』の精神的続編との呼び声も高く、巨匠・清水崇監督とのタッグも記憶に新しい気鋭のタイト…

火を取り戻す為の長い旅

佐々木 隼、平岡 久典

オインクゲームズ。言葉の意味するところはブタの鳴き声に由来する擬音語であり、ロゴはブタの鼻そのもの。なんとも人を食っ…

果てなき航海

仁志野 六八 (神田技研)

2016年12月16日、プロジェクト始動から2年の歳月を経て、『VR戦艦大和』が竣工した。日本海軍が建造した史上最大の…